入湯税の使途状況について

入湯税は目的税であり、以下の目的で使用するよう定められています。

  1. 環境衛生施設の整備
  2. 鉱泉源の保護管理施設
  3. 消防施設等の整備
  4. 観光施設の整備
  5. 観光振興

使途状況については、下記のとおりです。

平成27年度_入湯税の使途状況(64KB)

お問い合わせ

総務課
電話:0739-72-2051
ファクシミリ:0739-72-1223
2016年9月21日