平成26年 津波ハザードマップ

 津波ハザードマップについて

このハザードマップは、和歌山県が平成25年3月に公表した津波浸水想定の浸水域や浸水深により作成しています。 想定される地震の規模はマグニチュード9.1、最大津波高14m(平均津波高12m)、浸水面積は450haと、発生頻度は極めて低いが仮に発生すれば被害が甚大である巨大地震での想定です。

安全レベルとともに津波避難場所の位置を掲載していますので、「揺れたらまず逃げる」の徹底とともに、より安全な高台に避難できるよう日ごろから家庭や地域内での取り組みに、このハザードマップを活用しましょう。

ハザードマップは、2014年5月号の広報とともに各家庭に配布をしています。 また、みなべ町役場総務課(2階)でも随時配布しています。

          【津波ハザードマップのイメージ】

 

みなべ町津波ハザードマップ

ZOOMAによるハザードマップ閲覧

画像閲覧ZOOMA(ズーマ)について 【ご利用上の注意、条件について】 
  • ZOOMA形式データの閲覧には、株式会社クレアリア製の「ZOOMA Viewer」(無償)のインストールが必要です。
  • ご使用のパソコンでソフトが動作しなかった場合などはPDF版のハザードマップをご覧ください。
  • 動作環境や操作方法などに関する説明は、株式会社クレアリアのページをご参照ください。
  • 本システムの利用によって発生した直接または間接の損失、障害等について、本町は一切の責任を負いません。

津波ハザードマップ 【表】 啓発面

津波ハザードマップ 【裏】 マップ面

 

PDFによるハザードマップ閲覧  

  PDFファイルをご覧になるには、Adobe Acrobat Reader(無償)が必要です。

津波ハザードマップ 【表】 啓発面(4MB)

津波ハザードマップ 【裏】 マップ面(6MB) 

 

津波災害警戒区域(イエローゾーン)

  津波防災地域づくりに関する法律(平成23年法律第123号)第53条に基づき、和歌山県から指定された津波災害警戒区域の状況は次をご参照ください。

  本町の津波災害警戒区域の指定状況

お問い合わせ

総務課
防災係
電話:0739-72-2051
ファクシミリ:0739-72-1223
2016年7月21日