外国人住民の方へ

外国人住民の方へ

平成24年7月9日から、法律の改正により住民基本台帳制度が変わりました。あわせて外国人登録制度が廃止され、新たな在留管理制度が始まりました。これにより、外国人の方の住民票が作成されました。

外国人住民の方の「住民票」が作成されました

  • みなべ町に住所を有する外国人住民の皆さんも、日本人と同様に住民票の写しなどが発行できるようになりました。また、日本人と外国人の両方がいる世帯でも世帯全員分の住民票の写しを発行できます。
  • 在留資格が「短期滞在」の方や、在留期間が「3月」以下の方などには住民票は作成されません。

外国人登録証明書がなくなり、在留カード又は、特別永住者証明書に切り替わります

外国人登録制度の廃止に伴って、中長期在留者の方には、入国管理局で在留カードを、また、特別永住者の方には、町の窓口で特別永住者証明書を交付します。改正後も一定期間は現在の外国人登録証明書は有効ですが、下記のとおり順次切替の手続きが必要です。

特別永住者の方 お持ちの外国人登録証明書は、次回確認期間の始期である誕生日まで有効です。 また、確認期間が平成27年(2015年)7月8日までに到来する方は、その日までに役場で切替申請を行い、特別永住者証明書に切り替えます。
永住者の方 平成27年7月8日までに入国管理局で、在留カードに切り替えます。
上記以外の方 平成24年(2012年)7月9日以降、在留期間の更新、または在留資格の変更等の手続の際に入国管理局で、在留カードに切り替えます。

外国人の方が町外に転出する場合、転出届が必要です

以前は、外国人の方がみなべ町から町外や国外に転出する場合、みなべ町での手続きは必要ありませんでしたが、平成24年7月9日以降は、外国人の方も日本人と同様に、転出届が必要になります。

みなべ町へ転入される方へ

  • 前住所地で転出届をして、転出証明書の交付を受けてください。
  • 在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書のいずれかを持参してください。
  • 外国人住民を世帯主とする世帯に外国人住民が新たに属する場合は、原則世帯主と本人の続柄を証明する書面が必要です。

外国人住民の方についても「住民基本台帳ネットワーク」の運用が始まりました

平成25年7月8日から外国人住民の方についても、「住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)」の運用が開始されました。なお、運用開始にあたっては、外国人住民の方が手続きを行う必要はありません。

住民票コードが付番されました

住基ネット運用開始に伴い、日本人住民の方と同じように外国人住民の方にも住民票コードが付番されました。住民票コードは、住基ネットにおいて全国共通の本人確認を行うにあたって必要不可欠な、11桁の番号です。運用開始後、外国人住民の皆様に通知しています。一部の行政手続において、住民票コードの記載を求められることがありますので、住民票コード通知書は大切に保管してください。

住民票の写しの広域交付

お住まいの市町村以外でも、本人および同じ世帯の方の住民票の写しが請求できます。請求には、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、住民基本台帳カード、運転免許証などの官公署発行の顔写真付き本人確認書類の提示が必要です。

住民基本台帳カードの交付・公的個人認証サービス

住民基本台帳カードの交付が受けられます。さらに、カードに電子証明書(公的個人認証サービス)を格納することで、一部の行政手続においてインターネット申請が可能になります。

役場での住民基本台帳カード・公的個人認証サービスの手続に関しては下記のページを参照ください

制度についての詳細は、下記のホームページで確認できます。

「外国人住民に係る住民基本台帳制度について」(総務省)

お問い合わせ

住民福祉課
電話:0739-72-2161
ファクシミリ:0739-72-2191
2013年9月26日