家庭ごみの分別と出し方

ごみを分別することなく、何もかも混ぜて排出すると、それぞれの性質にあった適正な処理やリサイクルができなくなり、また、収集作業中のけがやごみ処理施設の事故の原因ともなります。

ごみは、必ず決められたルールを守って出してください。

集積所に出すごみは、決められた分別方法・指定袋の種類収集日を守り、

◎南部地区では収集日の午前7時まで、
◎南部川地区では収集日の午前8時までに、出してください。

■袋の口は、キチンとむすんで出してください。
■次のようなごみ袋は収集しませんので、ご注意ください。
  • 指定袋でないもの
  • 分別がきちんとされていないもの
    空き缶や空きビン、容器の中身が残っていたり、きれいに洗ってなかったりするものも収集しません。
  • 収集日、排出時間を守っていないもの

※収集しないごみ袋には、下のような違反警告シールを貼ります。もし、皆さんの出したごみ袋に警告シールが貼られ収集されていなかったら、持って帰りシールの内容を見て対応をお願いします。
また、指定袋以外の袋で出されたもので、シールを貼られ2、3日たってもそのまま放置されていれば不法投棄とみなします。そして、町から田辺警察署へ通報し、共同で徹底的に袋を調べ、出した人を捜して連絡します。

警告シール

2016年4月1日