児童手当

児童手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援するという趣旨のもとに支給される手当です。
支給要件に該当する方の手続きは、住民福祉課、高城支所、清川支所で行うことができます。

児童手当の支給対象となる子ども

15歳到達後、最初の3月31日までの間にある子ども(中学校修了前までの子ども)

児童手当の月額

3歳未満3歳以上~小学校修了前中学生
一律 15,000円 第1、2子
 10,000円
第3子以降
 15,000円
一律 10,000円

児童手当の支給時期と支給方法

児童手当認定請求後に認定されると、認定請求を行った日の属する月の翌月分から手当が支給されます。
2月、6月、10月のそれぞれ10日に指定された口座へ、振り込みにより支払います。

児童手当の受給手続きについて

出生、転入などにより、新たに受給資格が生じた場合、児童手当を受給するためには、住民福祉課、高城支所、清川支所へ、「認定請求書」を提出する必要があります。(公務員の方は、勤務先へ手続きを行って下さい。)
「認定請求書」を提出し、みなべ町長の認定を受けなければ、児童手当を受ける権利が発生しませんのでご注意下さい。

手続きに必要な添付書類

支給要件に該当する方が、認定請求に必要な添付書類などはおおむね下記の通りです。

  1. 健康保険被保険者証などの写し
    請求者が厚生年金加入中である場合に提出して下さい。
  2. 請求者名義の通帳など
    口座の確認をさせていただくことがありますので、ご持参下さい。
    ※口座名義は、請求者の名義に限ります。
  3. その他
    必要に応じて提出していただく書類があります。(子どもと別居している場合など)

児童手当受給に関する届出

児童手当を受給している方は、下記のようなときは届出が必要となります。

届出が必要なとき届出書類の種類
(出生、転入等)新たに受給資格が生じた 認定請求書
(出生等により)支給対象の子どもが増えた 額改定認定請求書
(支給要件に該当しなくなった等により)支給対象の子どもが減った 額改定届
(支給要件に該当しなくなった等により)支給対象の子どもがいなくなった 受給事由消滅届
受給者が公務員になった 受給事由消滅届
認定請求書(勤務先へ)
受給者が他の市町村へ転出した 受給事由消滅届
認定請求書(転入先へ)
受給者が町内で転居した 住所変更届
養育している子どもの住所が変わった 住所変更届
受給者または養育している子どもの名前が変わった 氏名変更届
受給者が死亡した 受給事由消滅届

現況届の提出

児童手当を受けている方は、毎年6月に「現況届」を提出することになっています。
現況届は、6月1日現在の受給者及び子どもの状況について届けを行うもので、引き続き児童手当の支給要件に該当するかどうかを確認するための大切な届けです。
なお、現況届が提出されないと、受給資格があっても引き続き手当を受け取ることができませんので注意してください。
現況届の用紙は、毎年6月上旬に郵送しますので、お忘れなく手続きをお願いします。

お問い合わせ

住民福祉課
電話:0739-72-2161
ファクシミリ:0739-72-2191
2013年9月11日