AEDの貸出

AED(自動対外式除細動器)とは

AED(自動対外式除細動器)とは、元気だった人が突然倒れて心停止状態などになった場合、心臓に電気ショックを与えて正常な状態に戻すことを試みる機械です。
万一心停止を起こした場合、心停止後5分以内にAEDを使用すれば救命率が数倍も高くなることが明らかになっています。
AEDは、救急現場で一般の方でも簡単に安心して除細動を行うように設計されています。(AEDが使い方を音声で教えてくれます)

※「除細動」とは、心臓が細かく震えて、血液が拍出できない致死的な不整脈を、電気ショックをかけることによって、震えを取り除く処置のこと。

AEDの貸出

町は、スポーツ大会などの開催時の貸し出し用として、AEDを生涯学習センター(谷口)に常備しています。「野球大会があるが、万一の場合に備えて借りたい」などというとき、教育学習課(TEL 0739-74-3134)へお気軽にご連絡ください。問い合わせも同課へ。
また、次の場所にもAEDを常備していますので、もしかの場合にはご利用ください。

  • 役場庁舎
  • 岩代備蓄倉庫
  • 清川警察官駐在所内

なお、ほかに日高広域消防南部出張所、南部小学校、上南部小学校、高城小学校、南部中学校、南部高校、同校農場にも常備されています。

AEDを用いた心肺蘇生法の講習会

AEDを用いた心肺蘇生法の講習会を、日高広域消防本部が実施しています。受講の申し込みは、同消防本部(TEL0738-63-1119)、または同消防本部南部出張所(TEL0739-74-3119)へ。

お問い合わせ

住民福祉課
電話:0739-72-2161
ファクシミリ:0739-72-3893
2013年9月10日