介護保険制度とは

 介護保険制度は、高齢化・少子化の進展に伴い、高齢者の介護をめぐる状況がますます深刻化している中、要介護・要支援高齢者が安心して住みなれた地域で生涯を過ごすことができるよう、社会全体で「介護」を支え合う制度として平成12年度からスタートしました。
 寝たきりや認知症などにより介護の必要な方や、家事や身の回りのことなど日常生活上の支援の必要な方が、それぞれの状況に応じて保健・医療・福祉の総合的なサービスを受けることができます。

介護保険に加入するのは

  • 65歳以上の方(第1号被保険者)
  • 40~64歳の医療保険加入者(第2号被保険者) 〔医療保険→国民健康保険や会社の健康保険など〕

介護保険のサービスをサービスを利用できる方(利用するには、市町村の認定が必要です)

第1号被保険者

寝たきりや認知症などで、常に介護が必要な方
食事や身支度などの日常生活に支援が必要な方

第2号被保険者

下記の疾病(特定疾病)が原因で、介護などが必要となった方

  • がん末期
  • 関節リウマチ
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 後縦靭帯骨化症
  • 骨折を伴う骨粗鬆症
  • 初老期における認知症(アルツハイマー病、脳血管性認知症、レビー小体病など)
  • 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病(パーキンソン病関連疾患)
  • 脊髄小脳変性症
  • 脊柱管狭窄症
  • 早老症(ウェルナー症候群など)
  • 多系統萎縮症
  • 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
  • 脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎)
  • 両側の膝関節または股関節の著しい変形を伴う変形性関節症

お問い合わせ

住民福祉課
電話:0739-72-2161
ファクシミリ:0739-72-3893
2013年9月10日